概要

MMDAgent-EX に関する最初の説明

このページは MMDAgent-EX の概要が書かれています。

MMDAgent-EX とは

MMDAgent-EX はモバイル・クラウド環境において対話システムの研究・開発・創作を行うための実験的なプラットフォームです。MMDAgent-EX は様々な対話コンテンツや音声インタラクションコンテンツを再生することができます。さらに、自分でコンテンツを作成してWeb上で共有することができます。

MMDAgent-EX は MMDAgent の拡張版であり、iOSおよびAndroidを含むマルチOS対応、Webベースのコンテンツ共有、PMX対応(ベータ)を含む MMD との互換性の向上、REST API および Apache Kafka によるログ収集機構、コンテンツ暗号化など様々な機能追加と改善を含んだアプリケーションです。

このプロジェクトの目標は、下記のようなことが自由に行える基礎的なシステムを提供することです:

  • 様々な対話システムを気軽に入手して楽しむ
  • 対話システムを自由自在に構築し、ネットワークを通じて共有する
  • 対話システムのユーザと製作者を繋いだコミュニケーションを支援する
  • 研究のための社会実験および大規模対話データ収集のプラットフォーム

オリジナル版 MMDAgent との違い

オリジナル版MMDAgent からの主な違いは以下のとおりです。

  • コンテンツの直ダウンロードと自動更新
  • iOS / Android で最新の音声APIをサポート (VoiceProcessingIO / AAudio)
  • ダウンロード済みコンテンツの管理
  • データ収集とリアルタイムログ収集機構 (REST API / Apache Kafka)
  • PMX対応(ベータ)を含む MMD との互換性の向上
  • 多くのバグ修正、UIの更新、モバイル環境での安定化

全ての変更点は Release 1.3 のブログ投稿 にあります。

こんな人に

MMDAgent-EX はこんな人に向いているかもしれません。

  • スマホでエージェントとの会話を少し体験してみたい人
  • 大学・起業で対話システムを研究していて、大規模なデータ収集を検討したい人
  • 会話型ユーザインタフェースの未来に興味がある人
  • 「対話のメディアコンテンツ化」の考え方に興味がある人
  • MMD のファン
  • キャラクター創作に関わっていて面白い応用を考えたい人
  • 「キャラとの会話の創作」に興味があり実践してみたい人
  • MMDAgent を使ったことがあってもっと何かできないかと思ったことがある人

こんな人には向いていない?かもしれません。

  • 画面上のエージェントと会話するのに強い拒否感がある人
  • アニメ的な2Dキャラクター表現が好きでない人
  • 音声認識の誤りが絶対に許せない人
  • 古いデバイス(iOS <= 8, Android <= 5) 動かないのが許せない人

次にすべきこと

初めての人はひとまずGetting Startedを開いてください。ひとまずMMDAgent-EXを動かして体験してみる手順があります。 How to play にコンテンツを再生する一般的な方法が書かれています。

モデルを変更する等、コンテンツを編集したくなったりオリジナルのコンテンツを作りたくなったら、まずは Examples を読んでください。入手可能なコンテンツサンプルのリストと、中身をどうやってみるかの方法が書かれています。コンテンツに含まれる各種ファイルの詳細は Creating Contents にあります。


ソフトウェアライセンス

MMDAgent-EX のソフトウェアライセンス

サービス利用規約

サービス利用規約・個人情報の取り扱いについて

ログ収集とプライバシー

MMDAgent-EX はコンテンツ提供者へ対話のログを提供する機能を有しています

利用ライブラリ

MMDAgent-EX で使用しているライブラリの一覧


最終更新 2019.12.26: Update doc (c55bd2d)