ログ収集とプライバシー

MMDAgent-EX はコンテンツ提供者へ対話のログを提供する機能を有しています

MMDAgent-EX はユーザがアプリで対話した過程を記録したインタラクションログを保存し、そのコンテンツの配信者へフィードバックする機構を備えています。コンテンツを配信するコンテンツ配信者者が、コンテンツにおいてログ収集の設定を行っているとき、そのコンテンツをMMDAgent-EXで利用したユーザの以下の情報が、コンテンツ配信者の指定するサーバへ記録されることがあります。

  • テキストログ(対話内容・内部メッセージ・認識結果等の時刻付きテキスト)
  • 音声波形データ(ユーザが入力した音声で認識エンジンが検知した部分)

あるコンテンツがデータを収集をするかどうかは、Contents メニューのアイコンで明示されます。テキストログの収集を行う可能性のあるコンテンツは、以下のアイコンがメニューに重ねて表示されます。

Icon for text logging enabled content

また、音声波形データの収集を行うものには以下のアイコンがメニューに重ねて表示されます。

Icon for voice logging enabled content

これらのアイコンにより、そのコンテンツがデータを収集するコンテンツかどうかをユーザが知ることができます。

また、MMDAgent-EX はコンテンツの指定によりログを記録している間、画面周囲に色付きの枠を表示します。これにより、ユーザはいつログが記録されているかが明示的に分かるようになっています。

MMDAgent-EX はこのように動作のテキストログと音声データを保存してサーバへ送信する機構を備えていますが、MMDAgent-EX のアプリ開発元が直接ユーザのインタラクションデータを収集することはありません。データ収集はあくまでコンテンツ配信者が行うものであり、ログ収集におけるプライバシーに関連する事柄(プライバシーポリシーの明示、ユーザからの許可、収集データの適切な扱い等)は、データ収集者であるコンテンツ配信者およびユーザの2者の間で処理・解決されるべき問題です。データ収集に関して MMDAgent-EX のアプリ提供元あるいはアプリ開発者がなんら承諾を与えたり保証するものではないことをご承知おきください。